2017年10月30日月曜日

20171021 マレーシア

クアラルンプールの不動産を見るという友達がいたので付いていってみた。出張です。

・クアラルンプール想像以上に発展している。ビルもモールも多い。ネットも問題なし。


・車社会

・厳格なイスラムではないが、豚肉売り場はノン・ハラルコーナーとして別に設置されている。


・マレーシアのハラル認証。


・マレー系が6割、中華系が2割、インド系が1割。民族割合に応じて雇用する制度あり。

・英語みんなしゃべれる。

・ごはんも各国のごはんが揃っていて美味しい。

・お酒は飲めるが、地ビールはない。

・1人あたりGDPでみるとマレーシア9,500ドル、タイ5,900ドルと上回っていた。人口は3,300万人とタイの7,000万人より少ない。ちなみに日本は38,900ドルの12,700万人。

不動産的なこと

・ツインタワー(大手町みたいなところ?)がきっちり見えるか否かで不動産価格が変わってくる。画像だと1本しか見えてない。建設中の建物はフォーシーズンズ。


・いわゆる独身の駐在が借りるのは8万円くらいで2LDK。プールとかついている。表面利回りは3.8%らしいので8/0.038=2100万くらいのお部屋。


・良いなぁと思うお部屋だと5500万くらいになってた。この辺になるとマンション内にコンビニ、クリーニング、ジム、託児所などついてくる。



・マンションはオーナー次第なので同じマンション内でも各部屋ごとにだいぶ設備も雰囲気も違う。

・まだまだ街を作っている。


・日本人街では依然として会社による奥様序列があるそう。もっともそこから離れて暮らすことも可能。

その他

・マレー系は怒られ慣れていないのでトラブルがあったときの理詰めは逆効果。無視されるだけらしいです。それよりもあなたしか頼れないと情に訴えるのが良いのだとか。

・製造業で伸びてきたが最近は人件費が高くなったので撤退している製造業も多いらしい。

・お正月は4つ。マレー人、中華系、インド人、日本人。今回はちょうどインド系のお正月だったようです。


・勉強した通りおむつでユニ・チャームなどが進出している。ここらへんは欧米系と真正面からぶつかっている感じ。


・いわゆる生活必需品系では英国のReckittが多かった。各社ごとに優先する市場が違うのかと勉強になった。


・ガソリンスタンドのコーヒーもこんな具合に発展してる。


感想

・もちろん都市部しか見ていないのもありますが数字以上に発展しているというのが印象。よくあるように既に部分的にはこちらの方が進んでいることも。帰りも空港までタクシーに乗りましたが、結構ビルあったから割と全面的に発展しているのかも。

・今回は友人が英語できたのでいろいろ聞けて良かった。どんなスキルでも習得するのは時間がかかるので、投げれるところは投げてしまった方が良いのだとしみじみ思った。歳をとりました。

2017年10月18日水曜日

201710 米 小売店

アメリカの小売店を調べて興味がでたので実際に見てきました。つまり出張です。

・ROSS ロスドレス

売れなかった在庫を買い取って売ってくれるオフプライスのお店。TJXに次いで2番手の存在。この形態はアマゾンプルーフ(アマゾンに耐性がある)とか。ユニクロの米国展開が苦戦しているのもこのオフプライス業態があるからとも言われているようです。



こんな感じで売っている。アメリカは元々日本からすると安いのに、さらにそこから安くなっているという感覚らしい。


ワイキキ店はところ狭しと陳列されている感じ。郊外店はもっとゆったりしている。レジの前にはなんだかんだ人がいてそれらりにお客さんがいる様子だった。

・JWN ノードストローム

いわゆるデパートが自分でオフプライスをやっている。10-kをみるとかなりな勢いで業態転換している。ROSSやTJXに比べると、いわゆる知っているブランドを扱っていて、普通に欲しいものがある感じらしい。

・TGT ターゲット


アラモアナのターゲットはやっていなかった。

・トイザらス

値段をアマゾンと比べてみたが決して劣っている感じではなかった。本業というよりもはやり負債が大きすぎたのが失敗の原因か。

・FL フットロッカー


ナイキの失速と共に苦戦している。お店は半分ナイキ、半分アディダスといった感じか。品揃えは普通。店員さんがレフリーの恰好をしている。


女性用。


FLは不採算店舗を閉じ始めているが、その中でKidsは確か店舗が増えていたはず。確かに子供靴だけはあまり競合がいなさそうで特色がはっきりしていた。

・GPS ギャップ


興味もないので写真だけだが、店内はそっけない感じだった。

・シーズキャンディ


バフェットを読むと必ず出てくるお店。向こうでは中の上くらいで贈答品需要があるらしい。店員さんも昔ながらの制服かつ年配の方で独特の雰囲気を醸し出していた。

・TJX


オフプラスの最大手。ROSSと比べるとアパレルだけでなく日用雑貨の割合が多かった。

・BBBY ベット・バス・ビヨンド


実際に行ってみるとベットじゃなくて、いわゆるデパートの調理器具コーナーの専門店といった具合。かなりの高収益企業だったがネットに出遅れたこともあり近年は粗利が減って大苦戦。お店もいままであぐらをかいていたのか、店舗改装費用が出ていない感じだった。主力商品がネットで注文しやすいのが厳しいかなぁ。

・WBA ウォルグリーン


いわゆるドラッグストア。CVSとWBAが大手。BBBYとは違って店舗は綺麗で品揃えも良く、かつ適度な広さで良い印象だった。ただしアマゾンが薬を販売するとか、薬価価格に低下圧力がかかっているので難しい局面を迎えている。

・WMT ウォルマート


ご存知世界最大の小売店。とにかくだだっ広い。なんでも売っている。洗剤などの量もとにかく多い。アメリカな感じ。たしかに安い。バナナが37セントで美味しかった。


最近はアマゾンと真正面からぶつかっている。IT投資とIT企業買収にバンバンお金を使っている。セルフチェックレジも便利だった。この辺に限らないけど、競争激化は結局のところ株主ではなく消費者の利益につながるので、アマゾンもウォルマートもたぶん大変なはずというのが読みなんですがどうなんでしょうか。

・SBUX スターバックス


スターバックスロースト。ここのところTEAVANAの減損や既存店売上の減速などが撮りざさされていますが、マクドナルドがなんだかんだいって未だに最高値を更新していること、基本的に相手がいないというのは強いかなと。とはいえネスレがブルーボトルコーヒーを買収したのでとりあえず相手になってくるかも。


米国内のスタバは結構飽和して近接店舗と共喰い起こしているのではないか、とこの前の決算でアナリストに言われていたがその返しとして影響は本当に微々たるものだし、米国にはドライブスルーがまだまだいけると発言していた。確かに車が列をなしていたので需要はありそうだった。

・ホールフーズ


最近アマゾンに買収された、高所得者層向けのスーパーマーケット。


タッパに詰め込んで、その重さ1オンス(450グラムくらい)で8ドルとか、サブウェイみたいに目の前でサンドイッチあるいはジュースを作ってくれたりと見ていて面白かった。


アマゾン効果。米国外の食品で効果が表れているようだった。



これも実際に行ってみてわかったが、いわゆるプライベートブランド(ホールフーズは365という呼称)の取り扱いが広範囲に渡っていたことには驚いた。トマト缶、シリアル、パスタ、洗剤、おむつなどなど。香辛料もPBで展開していた。

・BBY ベストバイ



いわゆる家電量販店。品揃えも概ねビックカメラと同じ感じ。店員さんは良く話しかけてくれて感じが良いが、扱っている商品が厳しい感じ。テレビはアマゾンと比べても安かった。全体的にテレビの価格は値崩れしている?サムスンとLGが多いかな。

・SHW シャーウィン・ウィリアムズ



少しマニアックになるけど塗装大手。日本人はあまり塗装とかはしないと思うけど、アメリカでは中古住宅でも上物にきちんと評価がつくらしくこういう需要も多いらしい。SHWがユニークなのは要はペンキを売っているが自社用の小売店を持っている点。よく商売やれると思うが確か全店で4800店舗規模。最近もかなりの増配を記録していた。商用の塗装のPPGとは棲み分けができていて、こういうの知ると10-k読んでいると楽しいなぁと思ってしまう。

・LOW ロウズ


いわゆるホームセンター。事実上アメリカではロウズとホームデポの2強。


とにかく家に関することであればなんでも揃っている感じ。ユニットバス、シャワー、タイル、木材、スプリンクラー、チェンソー、トイレなどなどなんでもある。生活スタイルが日本とは全く異なるんだなぁと。これだと一部の都市部以外ではニトリ、無印は難しそうだとなと。

・WDFC WD-40カンパニー


ロウズに防錆材のWD-40があって小躍り。少しマニアックになるけどこういった会社を知ると面白い。

・HD ホームデポ



全米最大のホームセンター。この企業は今までも傑出していたけど、最近も新規出店を控えてIT投資を積みあがている点。ネットで調べて、それがいまいる店舗のどこにあるかを表示してくれるかなど確かめられて面白かった。

LOWとセグメント的な違いでいうとHDはプロ向けが10%ほどLOWより高く30%~40%くらいあるらしい。確かにLOWの方が個人としては知っている商品が多かった。

店員さんが同じオレンジ色のエプロンをしていて統一感があったし、店員さん同士も仲良くやっていて、醸し出している雰囲気が良かった。かなり好印象。

・ヨーグルト

ここからは小売店ではなく商品とか陳列棚。




ゼネラルミルズがここのところ苦戦しているのは、主力のシリアルが低下傾向なのと、ヨーグルト(Yoplait)のシェアが新興のCHOBANIに奪われたこと。CHOBANIは二層構造でしっとりした感じで確かに美味しかった。

・チョコレート


HSY(ハーシー)とネスレの一騎打ち。それにマーズが続く格好。陳列もマーケットシェア通りで勉強になった。味は要はアメリカの味で、日本やヨーロッパのビターな味ではない。でも逆に言えば、この甘ったるさが参入小障壁なのかなと。問題は次の世代のミレニアルやジェネレーションZの味覚はどうなるんでしょうという話。アメリカ人の舌も洗練されるのかしら。

・歯磨き粉


PGとCL(コールゲート)の一騎打ち。ちなみにコルゲートのブラジルやメキシコのシェアは70%を超えている。

・洗剤とか


この辺はウォルグリーンで撮ったものですが、花王やライオンと同じように知名度が高い企業で陳列棚が埋められている感じ。CLX(クロロックス)の漂白剤があってちょっと小躍り。

・日焼け止めとか


J&Jも定番の絆創膏や日焼けどめなど抑えているところは抑えている感じ。もっともJ&Jの日用品部門は18%くらいだった気がするのでそれほど大きい影響力を持っていいない感じですが。

・その他食品


SPAMとかハインツのケチャップなどいわゆる定番品の棚。

・ポテトチップ


日本ではカルビー1強のポテトチップですが、アメリカでは最大シェアのペプシでも25%程度と競争の激しい業界。でも実際に見ているとペプシ(Laysなど)がかなりの棚を占拠していました。

・ビール


なんだかんだで地ビールを飲んでしまいますが定番は安定感が半端ないですね。

■感じたこと

・小売をするなら店舗改装は大事。
・アメリカでもPBが伸張してきそう。
・生活スタイルの違いは書類の上からは見えにくい。感じにくい。
・当然だが勉強してからいくと面白い。
・味を確かめようとすると太る



2017年2月26日日曜日

2017年 東京マラソン

自己ベストを更新。手元のタイムで3時間23分28秒。

いままでのベストが3時間36分だたので13分ほど縮めることができた。


今回はなんとしてでも3時間30分を切りたかったので、前半はイーブンペースの04:58秒前後でOK。35km過ぎから余裕があったらペースを上げるというもの。

練習で最後に38kmを走った時に十分できていたので自信あった。

実際のレースでは25km~30kmになっても全然余裕だったので、これはいけそうということで04:40前後までペースアップ。このペースでも余裕があることは確認済だったので問題なし。

その先はじゃあグロス(ヨーイドンからゴールまで、ネットは自分はスタート地点を出てから)でも3時間30分を切ろうと思い03時間30分のペースメーカーを目指してペースをあげるも全然見当たらず。

これは用意していないのかなぁなんて思いながら有楽町に戻ってきたらいたので、最後の1kmぐらいでもうひと踏ん張りでなんとか追い越してゴール。

最後はきつかったものの全体としては余裕のあるマラソンだった。以前の自己ベストも後半ペースを上げる展開だったので、グリコーゲンを温存する走り方が正解なのは間違いなさそう。となると自動的に禁酒コースなんですけどね。。。

■ 効果があった練習は?

俗に1kg痩せると3分速くなると言われていたので、じゃあということで(もちろん本や論文読んで)11月から毎日15km走ることにして今期は体重減仮説で勝負しようとしました。

結果、59kgから54kgに落として最後にカーボローディングをして54.7kgで本番だったので(59-55)*3=12分。おーまさにその通りという結果でした。説明変数として体重は大きそうです。

もっとも毎日15kg走るという効果も大きくて

・単純にあれこれ試す機会が多い
・グリコーゲンを保存して脂肪で走ることを覚える
・ペースがかなり大事なのことを知る

といった効果がありました。東京マラソンは前半下り坂でペースが速くなりがちで難しいですが、こういったときに意地でもペースを守る方向に実際に心を使えるようになるのは毎日走っているからこそかと。体力面では良く解りませんが、精神的な技術の向上は間違いなく図れると思います。

2016/3  36km
2016/4 117km
2016/5 137km
2016/6   96km
2016/7 105km
2016/8 112km
2016/9 179km
2016/10 163km
2016/11 221km
2016/12 382km
2017/01 419km
2017/02 342km

それと2,3週間前から練習量を落とすテーパリングも効果が実感できました。これも毎日走っているので1kmも走る前から調子が良くなっていくのが解ることでしょうか。

逆に直前に距離は短くても速く走る刺激走は抑え目に走らないと調子が良くて実力以上のペースで走ってしまい若干の痛みの原因となりました。ひっかかる部分があると本番は嫌なものなので、そこそこにしておくのが良いかもしれません。

■ ダイエット

練習メニューもそうですがダイエットの知識を漁っていくにあたって、知識の重みづけがまったくなされていないことに気づきました。これはマラソン以外でも役に立ちそうです。

で、ダイエットですが基本的にはカロリー収支でほぼ全部を説明できそうです。なのでカロリー収支をなんとかしましょうで良いと思います。

炭水化物ダイエットは、特に最初効果があるように見えるのは炭水化物、あるいはグリコーゲンを保存するときに水をかなり一緒に蓄えるので、炭水化物を抜く → 水が抜ける → 痩せるの構図っぽいです。

なのでちょっ飲み会なりコース料理なので炭水化物を食べると簡単に戻りました。実際にやってみるとまあそんな感じで変動はしますが、だいたいカロリー収支に沿って体重が落ちてました。

ちなみに錦織も浅田真央も体重を落としたくてタンパク質重視で失敗していたみたいです。運動能力の向上には炭水化物も大事なようです。

色々試して使えたのは、お餅110Kcal、チーズ50Kcal、ヒレ肉133Kcal(100g) のステーキでしょうか。soyjoy的なものは腹持ちが悪かったです。あるいは満足感かな。サラダチキンも安定感あります。困ったらコレですね。

あとあんこが良いです。洋菓子は脂質が多いのに対し、和菓子は甘いにも関わらず脂質がほぼなく炭水化物なので優れた食材でした。どら焼きや羊羹はかなりの好物となりました。黒豆なんかも美味しいです。

あと効果があったのは自炊をして、きちんとご飯、汁物、主菜、サラダ、副菜を作ると栄養バランスも取れる上に食べる時間もかかるので満足感がありました。これはタニタ食堂にいって献立の組立をそのままパクリました。

献立の骨格を標準化しておくと献立に考える時間が少なくて料理自体に取り掛かれるので良かったです。

あ、それとアルコールはどかぐいの原因、グリコーゲンの使用、睡眠が浅くなる(リカバリーが遅くなる)のでやはり避けるのが良かったです。アルコールを飲んだ翌日はほぼ確実に体が重くて練習がきつい → きついのが嫌 → アルコールを控えるという構図にに自然となりました。

でもレストランにいってアルコールを頼まないというのは、原価率高い客で申し訳ないですという気持ちになって未だに慣れないです 笑

■ 来期

来期はいよいよ当初の目標の3時間切り狙いです。ということでスピード練習に明け暮れたいと思います。タバタプロトコルはマラソンに効果的かはちょっと解らなかったので、5kmのタイムトライアルとインターバルという既に確立されている練習をゼーゼー言いながらがんばっていきたいと思います。体重もあと2,3kg落としたいかな。

なんにしても1年がかりのプロジェクトでなんとか答えを出せたのは嬉しいところです。