2014年4月3日木曜日

ルンバと割れ窓理論


増税前ということでルンバを買ってみたので使い勝手などをちょこちょこと。

■全て自動になる

買ったのは最新の800シリーズ。前世代のものよりも吸引力が5倍になり髪の毛などの吸引が上手に、またゴミを捨てもより簡便になっている。前のものを持っていないので比較できないが掃除能力に疑問を感じたことは今のところ無い。

曜日ごとに何時に掃除をするかというスケジューリング機能も搭載されているが、説明書を読まなくても直感的に設定できるようになっている。とてもユーザーフレンドリーで好感度が高い。

掃除の開始も終わりも充電もすべて自動になっているので、掃除の時間そのものとそれにまつわる思考を省かせてくれる。

■Roombable

ルンバは床を這って掃除をするので障害物を置かないようになるがこれが良い意味での副産物になっている。

ルンバに極力やって欲しいので部屋を綺麗にするようになるが、そうするとさらに他の部分でも綺麗にしようとする精神的傾向が生まれて来る。このプラスのフィードバックが働きはとても大きくどんどん部屋が整理されていく。現在はこの勢いが進んで物を捨てることがマイブームになっている。

環境によって思考や行動が左右されるのだと改めて認識させられた出来事だ。

■結論

決して安いものではないが家に帰ってきてとりあえず綺麗であるというのは大きい。何事も第一歩を踏み出すというのは億劫だが、部屋を綺麗にするということを考えるとその第一歩をルンバが肩代わりしてくれていると考えることもできる。

たまに失敗して帰還できずに玄関で力尽きていることもあるが、毎日おつかれさん今日1日くらい失敗しても全然構わないよ、という感情すら持ってしまう。もしかしたらたまに失敗するようにインプットされているのかもしれない。

半月ほど使っていまのところ大変満足している。

**SONYバーチャルリアリティを推進

サンフランシスコで行われている開発者向けのカンファレンスで、ヘッドディスプレイ型の試作品が発表された。PS4で360度が可能になり世界に没頭できるようになり、クリエイターにとってはゲームが始まって以来の願望だったとしている。Project Morpheusと名付けられたこの製品は3年以内に出荷したいと考えているようだ。

**深まるマレーシア航空機ミステリー

パイロット家宅捜索から発見されたフライトシミュレーターは2月3日に消去されていた。現在このデータの復旧が行われている。捜索範囲は2つの回廊、カザフスタンから南インド洋までと、オーストラリアが調べられているが現在は後者の割合が増えているようだ。マレーシア政府の情報公開には中国が苛立っているが、マレーシア政府もこのような国際的な事件に対応する経験がなく戸惑っている。

**セバストポリ司令部をロシアが制圧

ロシア兵と親ロシア派のウクライナ軍がセバストポリの司令部を占拠した。司令官は拘束された。ウクライナ軍は上層部から撤退や解散のはっきりした命令がことにがっかりしている。

**Chatアプリ

Whatsは4億5000万人WeChatは3億5500万人のユーザーがいるが、未だマネタイズは行われていない。しかし従来のバリュエーションは全く通じない。コスト0の効果がある。恐らくともに10億人のユーザーを獲得するだろう。Facebookは利益の50倍で取引されているが、WeChatは40倍である。