2013年11月8日金曜日

11月のマーク・ファーバー


11月のマークファーバーはパブリック・スピーキングのお話。

コツとしては聴衆を生き生きとさせる為ならPowerPointを使おうが使うまいがどちらでも良いし、力強く話す必要もない。同じ人達相手でも時間や場所によって変わるからそれに応じてやるのが良いのではないかという話。

後半はコモディティがそろそろ対株で反転するということと、EU株は強そうだということ。いずれにしても株の調整は迫っているので最小限のポジションを推奨している。


・演説はスポーツと同じように練習が必要だ

・演説の場が変われば話す内容も変わる。聴衆の聞きたいことも変わる。

・PowerPointで場が生き生きする場合もある。

・時間が短くなるほど準備にかける時間は多く必要になる

・EU株は中国のSWFが買うのでUS株を今後12ヶ月はアウトパフォームするだろう。

・株は調整していないので、次の下げはクラッシュになる危険性がある。

・GDP比で見ると株の売買高は長い間のブームである

・コモディティと株の比率を見るとそろそろコモディティがアウトパフォームしだすだろう。

・中国の貿易相手のデータと中国のデータが最近ズレている。中国は貿易赤字になっている可能性がある。


前にも挙げたかもしれないけど面白い。


こちらは新しいもの。目先の利益に食いついている間に、税金などが上がっていく様子が示されている。

**三木谷、安倍政権を脅す

大衆薬のネット販売の規制緩和が進まないことに対して、産業競争力会議を辞することも止むを得ないとした。遺憾な方向に進んでおり、彼らが認めようとしているものは馬鹿げているとしてた。安倍政権の労働や農地所有に関する改革は進んでいない。また10月3,4日に行われた日銀の議事録では所得が物価上昇に追いついていないとの懸念が示されている。一人の委員は2014年の4月までは所得は上がらないのではないかとしている。

**NY、20年ぶりの民主党市長

Bill de Blasioは選挙で共和党の候補を73vs24の得票で勝ち、20年ぶりの民主党の市長となった。12年続けたBloomberg市長から、9.11や金融危機からの回復を案内してもらった。選挙ではrichとpoorをテーマに掲げた。公約とは50万ドル以上の収入者に対する増税である。また目下の課題としては30万人の組合員との新しい契約である。

**SEC、テクノロジー企業の収益化に疑問

SECのMary Jo WhiteはIPOで資金を集める主にインターネット企業の収益化について疑問を呈した。こういった企業は従来型の測定基準ではなく、特有の測定基準で大きさや成長を示しているが、これらの数字は必ずしも収益とは結びつくわけではないと懸念を示した。

metric 測定基準
bamboozle 欺く

日経平均終値:14228(-108)
東証一部売買代金:1兆6951億
マザーズ売買代金:1547億
最高値銘柄:
最高値銘柄数:4
最低値銘柄数:11
売買代金上位:コロプラ 豊田 ソフトバンク 東レ KDDI 浅沼組 大豊建

S&P終値:1747
S&P売買高:2391301
最高値銘柄:MMM SSYS DXCM
最高値銘柄数:
最低値銘柄数:
売買代金上位:TWTR AAPL FB TSLA QCOM CVX PXD WFM RIG