2013年12月23日月曜日

ベリアス30km 熊谷・立正大学


3月のフルマラソンに向けて今月から毎月レースにエントリーしています。実際のレースとその雰囲気に慣れる事が目的になります。

ということで、今回は朝5時起きをして森林公園まで遠征をしてきました。

カーボローディングの失敗

まず、思ったのはカーボローディングをたぶん失敗したこと。パスタは食べやすいのでついつい一杯食べしてしまいたぶん1kgか2kg体重が多い状態で出場したのではないかと。

一般にマラソンでは1kgで3分タイムが違ってくると言われているので、今回は30kmだったから1kgなら2分07秒。2kgなら4分14秒。かなり違いますね。。。 

これをラップタイムに直すとフルマラソンの場合は1kgなら4.2秒、2kgなら8.4秒ですか。体重のコントロールは必要そうです。

正しいカーボローディングは食べる量は同じでも、炭水化物の割合を増やすということみたいです。難しそうなので普段の食事でも良いかも。

血液を綺麗にしておく、ウォーターローディングはたぶん成功していたと思います。

受付手順や雰囲気

大会は初めてだし一人なので不安はあったが、まずはこなせたと思います。

葉書を受付で渡し、必要なものを貰う。

ゼッケンは付属している安全ピンで前に取り付ける。今回は自分のペースを書いた布を後背に付けるということだったのでこれも付けます。

問題としては、家から走る格好でいったのでゼッケンをつける際に脱げなくて困ったこと。結局、更衣室にいってやりましたが、加圧のものをつけていって脱げるようにしておくのが良いかもしれません。

荷物預かりは、大きな袋に荷物を入れて預ける形でした。貴重品は気になっていましたがこの方式ならあまり問題はなさそう。

お金は基本Suicaで済ませましたが、少量の小銭や1000円札は入れて置いた方が良さそう。今回は1万円札を入れておいたが、まったく役に立ちませんでした。

雰囲気は、ランニングクラブで来ているような人たちが半分くらい。もう半分がソロか二人組みのような感じ。男女比はやや男性が多いくらいでしょうか。年齢は若干高めですが、上から下まで散らばっていました。


スタート~5km

自己申告の走るペースごとに前から並び、9時30分にスタート。最初は予想通りだんご状態で走ります。なんだかちょっと滑稽な気がしないでもありません。

問題としては、最初は自分の走り方で走れない事。同じタイムで綺麗なフォームで走っているときとそうではない場合には結構差が出るもので、アキレス腱あたりの小さな筋肉を最初の方から使ってしまい、なかなか楽に走れることができませんでした。

普段アスファルトが綺麗な道で走っていて凸凹が無い理想状態で走っているのも、辛く感じた原因かもしれません。

面白かったのは、コンサート会場で拍手がだんだん同期していくのと同じ原理が働いていて、みんなの走る音が同期していくこと。人間もやはり動物ですね。

5km~15km

今回は5kmの周回コースを6周走るというもの。そして1周ごとに給水があり、これも当然初めて。

減速しないで取るのが難しく最後まであまり慣れませんでしたが、本に書いてあったとおり、人指し指をコップの中に入れると上手に飲めました。置いてあったのは、アミノバリューと水。補給はしっかりしておきたかったので両方飲むようにしました。

そして今回1番驚いたのが、3分10秒台で走る人。周回なので抜かれるのは解っていたが、あの速さは異常で、その瞬間に頭に浮かんだのは『連邦の白い悪魔』というフレーズ。ザクの気持ちを存分に味わいました。

この前の横浜女子マラソンで女子のトップ集団が3分30秒だったので、プロ並の人と一緒!?に走ったということでしょうか。

15km~25km

ペースはなんだかんだいいながらも4'40秒台で走れていてまずまずでした。20km超えてからはストライドを大きくしてちょっと人を抜きながら走ったりも。あの人を目標にとか考えるとがんばれますね。

25km~ゴール

って余裕をこいていたら、最後の1周は足の裏が痛くなるやら、腹痛がするやらで散々な目に。28kmまではなんとかペース落とさずに粘りましたが、それ以降は15秒くらい落ちることに。

ここらへんは長い距離を走る練習をしていないのがやっぱり出た感じです。レースペースで30kmやそれ以上走る練習は今後絶対に必要だと痛感させられました。

フルマラソンだったら残りの12kmは酷いタイムになっていたと思います。

ゴール~帰宅

ゴールではsoyjoyとアミノサプリを貰い、それから荷物を受け取り着替え。それから今回は立正大学だったので学食でご飯を頂けることに。一人でも学食で全然ご飯食べれますね(違

30km走った帰りの電車では、ベートーヴェンの『運命』を聞きながら『くまのぷーさん』を読むという形容しがたい組み合わせをしながら池袋に帰還。

ご褒美にお酒と刺身を買いましたが、ご飯を整えるのは結構面倒くさいので、前日やそれ以前にそろえて置くのが良さそうです。

なにはともあれ、まずは問題なく走って帰ってこれたので良かったです。それとやはり本番を経験しないと解らない事が多いです。長距離の練習が少ない事が解ったので、練習のメニューを組み替えようと思います。


**中国 短期金融市場に3000億元注入 銀行間レートが急上昇した為

**米GDP 第三四半期成長率4.1%へ修正

**トルコリラ 対米ドルが最安値 汚職やホットマネー依存が原因

**イラン若者に生活の変化

**AlibabaのYU'E Baoが預金を集める

**


**ビジネストラベラーのガジェット

頻繁に旅行する人達が必須としているアプリについて紹介されている。

その中で面白そうなのがオンラインタクシー配車のUber。オンラインで事前にクレジットカードを登録しておけば、料金の支払い手続きがいらなくなる。レーティングもあるし、スマホの位置に来てくれるので海外旅行の際に重宝しているそうだ。

その他としては、Macbook Air と iPad、モバイルバッテリーなど。ここらへんは日本人とあまり変わらないようだ。