2013年12月20日金曜日

ノリントン ベートーヴェン 交響曲五番







ノリントンのベートーヴェンが良いとの噂で聞いてみたところ、確かに素晴しくここ数週間繰り返し聞いている。

ヴィブラートをかけ無いなど、当時の演奏を再現するいわゆるピリオド奏法なのだが、テンポも合わせてとても気持ち良い。

これまでクライバーのものだったが、この曲に関してはこちらのファンになってしまった。特に第三楽章力強さと第四楽章への入り方が絶品。

その二楽章聞いているだけで15分になるので、ここ最近の移動はずっとその組み合わせ。時間がもう少し長ければ、第一楽章から通しで。素晴しい。



そんな訳で想いが募りスコアも買ってしまった(読めもしないのに)

ヴァイオリンのパートを追ってみるが当然のように何度も迷子になる。しかし繰り返すうちに、少しずつ読めるようになり、最後は自分のお気に入りのフレーズのところをきちんと読めるようなる。単純に嬉しい。

当然の成り行きでそのまま弾いてみる。ヴァイオリンは一ヶ月に一度、なにか思い立った時に30分くらい弾く程度になっているが、それでも音程はなんとか大丈夫。

ポジションもそれほど難しくないので、とりあえず音が鳴るレベルには持っていけそうという感触は得る。ただし速さはまったく追いつかないし、練習時間も必要ということで二の足を踏んでいる。

毎回コンサートが終わってから思うのと一緒で、やっぱり交響曲を中に入って弾いてみたいという想いは確実にある。しかしそこは時間の制約も。生まれ変わったらヴァイオリン弾ける子になりたい。願わくば練習しなくても。

きちんと練習すると時間かかるんだろうなぁ。


**Fed QE3縮小開始 月額850億ドルから750億ドルへ

**ECB 銀行破綻処理案を批判 合理的意思決定と良いファンディングなしでは市場の信任得られない

**カリブ ドラッグ阻止の苦闘再び

**トルコ 警察幹部を更迭

**米 ブローカーに顧客データの提出を求める 顧客保護の懸念高まる

**米企業 自社株買いが金融危機後、最高に

**スペイン銀行が人気を博す 合理化進んだ結果

**Ford 営業利益率が低下 EUと南米の厳しい環境

**Amazonドイツ 4日連続のストライキ

**Fitch 11のレーティングをカット エマージング諸国の引き下げは引き上げ時より速い

**デリバティブ規制に懸念 システミックリスク補強になっていない

**来年のIPO市場 復活の見通し