2014年1月15日水曜日

Shut Down Bangkok 13 January 2014

バンコクを1日歩き回ってみた感想ですが、特に問題も無く安全でした。twiterかなにかで誰かが国を挙げてのフェスと形容していましたが、まさにそんな状態です。ここではデモに関する写真をまとめてみたいと思います。


1月13日の深夜にスワンナプーム空港に到着しましたが、事前の報道通り道路は封鎖されていました。


空港のタクシーカウンターの人が持っていた紙によれば、近くまではがんばって運びますとのこと。幸いにも我々の宿泊したホテルまではタクシーで到着する事ができました。


こちらはリムジンバスなどについて。


ホテルでもデモについての掲示がありました。


小腹が空いていたのでコンビニに行きましたがその途中での写真。暖かいのでなにもなしに寝転がっている人もいます。

ちなみに手前にステージがあって大音量で音楽をやっていますが、部屋は22階ですがそれでも騒々しいです。そしてこれは深夜2時まで続きますorz


翌朝はジョギングがてら斥候しに行きました。


通勤なども実に普通でとくに危ないという感じはありません。人は夜に比べると若干まばらになっていました。みんなお仕事でしょうか。

道路の一斜線を使ってデモの行進。時間としては朝の8時くらい。


立体的になるとなんとなく勢いが違います。事前の報道にあった治安部隊というのは、みかけません。日本のようにデモのまわりをかいがいしくつけて回る警察もなしです。


バンコクの中心部のルンピニ公園にもテント基地がありました。


シャットダウン・バンコク。こういった合言葉やスローガンはなかなか良い戦術だと思います。



デモ参加者に炊き出しが配られていました。この他にも何箇所かに渡って救護班が設置されていたり、移動式のトイレなども動員されていました。


日中に小さいなお店が集まっているMBKに行きましたが、そこもシャットダウン対象地域らしく張り紙がされていました。


夜はシーロムからルンピニ公園へ。デモグッズが大々的に売り出されていて、しかもそれを買い求める人も多かったです。


Tシャツはその中でも主力商品。色々な人が自分の好きなように作成して売っているようです。なので色々バージョンがあって楽しいですが、自分が欲しいのが見つからないというジレンマも。


地元の学生っぽい人達も呼びかけを行っていました。


夜のルンピニ公園の様子。


設置されている巨大モニター。

このあとルンピニスタジアムにムエタイを観に行きましたが、デモの影響により中止になっていました。残念。でもこれもまた良い思い出です。

それとタクシーですが、封鎖の影響により行きにくい場所があるようで行き先によっては断れます。また乗せてもらっても普段と勝手が違うので、Uターンをしたりなどちょっと大変な面もありました。

ただ初乗りが35バーツ(100円程度)で上がるのも2バーツごとなので、長くのっても大した額にはなりません。それよりも英語が思ったよりも通じないほうが問題でしょうか。

明日15日はプーケットに移動ですが場合によっては空港が閉鎖される可能性があるかもしれないということで、ちょっとどきどきしています。